目の前の困っている方の力になる

 

 

そのために、すべての知識と資源を駆使し、日々できる限りの工夫と努力をして結果にこだわること。それが私たちのミッションです。

 

柔道整体師・鍼灸師 / 院長 岡井 康浩

 

出身地 滋賀県東近江市
血液型 B型
生年月日 1974年7月20日
得意技 痛みと痺れの施術 ・膝の痛み改善 ・姿勢改善
特技 人と人を繋ぐこと
趣味 大好きな人たちを応援すること
座右の銘 「為せば成る、 為さねば成らぬ何事も、 成らぬは人の為さぬなりけり」
Facebook

岡井 康浩のFacebook

※閲覧するにはFacebookのログインが必要です。

 

来院された方が希望を持って歩んでくださることが私の喜びです。

…わたしが柔道整復師になったきっかけについて…

 

幼児の頃に肘を亜脱臼して、救急病院で白衣を着た先生が痛くてたまらない肘をサッともったかと思うと、一瞬で痛みが消えてしまったのを今でも鮮明に覚えています。今から思えばその体験が医療を志した出発点でした。

 

その後、小学校時代はサッカーに、中学高校時代はバスケットボールに夢中になりました。小学校時代は膝のオスグッド病に悩まされ、中学時代は腰の椎間板ヘルニアになってしまい、地域の整形外科では治らず京都の大学病院にも通いましたがいっこうに良くならず途方に暮れていました。

 

そんな時に母の同僚の紹介で福井県の整体院に通うようになり、1年間マネージャーをしながら回復に専念させてもらいました。走ることもジャンプすることもできなくなっていましたが、中学3年生の頃には現役復帰してキャプテンとして県大会でベスト4に勝ち進むほどに回復し、高校3年間バスケットボールを続けることができました。

この頃お世話になった整体の先生との出会いが私の進路を決定づけました。

 

大学病院でも全く治らなかったのに、先生は治ることを1ミリも疑っていませんでした。その先生の強さと優しさに引っ張られるように、私もいつしか自分が改善して元通りにバスケットボールができるようになることを疑わなくなっていました。家族や先生方に支えていただきながら、やるべきことをやればどん底からでも這い上がれることを知った貴重な体験でした。

 

この頃から医師ではなく鍼灸や整体の道に進むことを具体的に考えるようになり、鍼灸施術を学ぶ大学と柔道整復師の国家資格を取得する専門学校に通いました。

 

その後、26歳までの間、鍼灸の師匠と柔道整復の師匠の元で修行させていただいた後に、上場スポーツクラブ企業が運営する整骨院の院長に就任しました。そこではあらゆる整形外科疾患の施術だけでなく、新店舗の図面を引くことから、備品購入、採用、教育、技術研修、年度予算の策定まで全てを任せていただき、社会人としての働き方や考え方を経験できたことは今も大きな財産となっています。

 

そして2005年31歳のときに堀江の地に開業致しました。

これまで1万人以上のお客様とのご縁をいただき、当院を卒業したスタッフが各地域で開業し、多くのお客様の力になってくれていることは何よりもの喜びです。

 

痛みと不安でいっぱいのお客様が希望をもって前向きに施術に取り組んだくださり、目標や願望を叶えて行かれる姿を目の当たりにする度に、この仕事を選んで良かったとしみじみ感じます。

これからも出会う全ての方々に「安心や喜び、希望や勇気」を感じていただけるように日々努力を積み重ねてまいります。

 

 

資格・実績

 

平成8年

はり師免許/きゅう師免許

取得

平成12年

国家資格 柔道整復師免許

取得 

  • 上場スポーツクラブ(コナミスポーツクラブ)のコンディショニングラボ西日本統括マネージャー
  • 健康講座・講演を企業や地域にて開催
  • シニア向け情報サイト「穂の話」にて健康コラムを連載
  • 企業往診を実施して社員への健康貢献活動(オフィスケア)

はり師免許/きゅう師免許

取得

施術スタッフ 田野 武史

資格 鍼灸師
出身地 大阪
血液型 A型
生年月日

1983年8月28日

得意技 トリガーポイント鍼施術・マッサージ・骨盤矯正
特技 人の顔を覚える
趣味 バレーボール
座右の銘 「習慣は第二の天性なり」

エンジョイライフ!!

現在も趣味として楽しんでいるバレーボールに、本気で取り組んでいた中学・高校時代。度重なる厳しい練習により腰と肩を痛めたことから、鍼施術を受けることになりました。

 

その時にずっと診ていただいていた先生の影響で施術家を目指すことに。学生当時、私の負傷した病名は「腰椎分離症」という、主に成長期に起こりやすい腰の障害と、肩関節障害(野球肩と似たような症状)で、どちらも過度の使い過ぎ(オーバーユース)によるものでした。

 

それ以外にも、足関節捻挫、小指骨折、突き指、腱鞘炎、首のむち打ち、膝部内側側副靭帯損傷、鼡径ヘルニア(脱腸)など自分自身、様々な怪我の経験をしてきました。

そんな、ある意味 施術家にとっては宝ともいえるあらゆる痛みを経験している自分だからこそ分かること、伝えられることがあると思っています。「健康」であることは、私たちにとって永遠のテーマであるとも言えます。

 

感動を少しでも多くの方に感じていただけるように、日々精進し、健康サポートを通じて皆様の『人生を楽しむ』お手伝いをさせていただけたら幸いに思います。何でもお気軽に相談して下さいね。

 

施術スタッフ 谷口 勇樹

資格 柔道整復師 ・鍼灸師
出身地 奈良県香芝市
血液型 B型
生年月日 1985年7月24日
得意技 背骨 ・骨盤矯正
特技 洗濯物を干してから、 畳むまで(几帳面なので…笑)
趣味 音楽鑑賞 ・ライブ ・ ゴルフ
座右の銘 「上に花咲かぬ日は、 下に根伸ばせばいい」

 

やりたいことに思い切り打ち込める「喜びの力」になる

この世界に入るきっかけは、高校時代に遡ります。中学から始めた軟式テニスに高校時代も熱中していました。

 

最高の仲間に恵まれ、厳しくも楽しく充実した部活動を行なっていましたが、3年の大切な時期を前に膝のケガをしてしまい、思うように練習も出来ず苦しんでいました。そんな時に、紹介していただいた院の先生に鍼施術やテーピングをしてもらうようになり、徐々に痛みが和らいでプレーを再開できるようになりました。

 

この時、やりたいことに思い切り打ち込める喜びを感じたと同時に、その手助けが出来る施術という仕事がしたいと思うようになりました。

スポーツだけに限らず、痛みや辛さによって「やりたいことが出来ない」「行きたいところに行けない」といった問題を解決し、ご縁あってお会いできた方々の『喜びの力』になることが私の施術家としての信念です。

 

日々成長して、少しでも多くの皆様の自己実現の手助けが出来るように頑張ります!