一覧に戻る

捻挫

捻挫の痛みのこのようなご症状でお困りですか?

 

  • 関節をひねってしまった

  • 患部に痛みがある

  • 赤く変色していたり腫れたりしている

  • 関節の動きに制限がある

 

そんな捻挫のつらい痛みは、当院で改善できます。

捻挫の痛みについて

足首をひねるなど、関節に外部から強い力が加わって不自然な方向に動くことで捻挫が起こります。スポーツをしているときによく起こり、ジャンプした際に誤った着地をした、ターンなど急な動きの変化が起きた、相手からタックルなど強い衝撃を受けた際に起こりやすいです。日常生活でも起こりうる症状で、転落や転倒時に発症します。

関節に強い力が加わることで、筋肉や骨をつなげる靱帯が引き伸ばされるなどの損傷を起こします。症状が重くなると部分的に靱帯が切れることもあります。靱帯の損傷が大きくなればなるほど、痛みや腫れも悪化します。

捻挫したら、速やかに医療機関を受診して適切な治療を受けるのがおすすめです。もし捻挫をそのまま放置していると慢性的な痛みが残ったり、関節の変形を引き起こしたりするからです。

応急処置としてRest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)のRICE処置が適切です。RICE処置をすることで、腫れや内出血部位の悪化や拡大を食い止められます。