一覧に戻る

股関節痛

股関節痛のこのようなご症状でお困りですか?

 

  • 長時間歩行したり運動したりすると痛みがある
  • お尻から太ももにかけて痛みやこわばりがある

  • 痛くて関節の可動域が狭まった
  • 以前と比較して歩きにくくなった
  • 左右で足の長さが違ってきている

 

そんな股関節痛のつらい痛みは、当院で改善できます。

股関節痛について

俗にいう股関節痛は、正式名称を変形性股関節症といいます。この病気は関節の軟骨の摩耗によって起こります。軟骨がすり減ることで硬い骨がぶつかり合う形になって、痛みが生じます。変形性股関節症は徐々に進行していって、最終的には歩行困難、全く歩けなくなることもあり得ます。

 

股関節痛の原因については、加齢による関節の劣化が考えられます。個人差はもちろんありますが、40歳から50歳くらいにかけて痛みの出るケースが多いです。

 

ただし一部、40歳以前の若い段階で発症するケースもあります。この場合、先天性や子供のころの疾患が関係しているかもしれません。先天性股関節脱臼といって、赤ちゃんの時に股関節が脱臼してそのままにしてしまった、治療しても変形の残った場合に発症するケースが多いです。

 

ほかにも子供のころ病気にかかって、雑菌が股関節に侵入する場合があります。その結果骨の一部が変形して、時間をかけて発症するパターンも見受けられます。

 

治療方法として初期はダイエットや鎮痛剤を使って対処します。しかし症状が進んでいる、痛みの強い場合には人工関節に取り換える場合も考えられます。