改善根拠にこだわる治療院

TRY/ブログ

健康コラム 2016.07.16

2016/7/16 運動教室第二弾!!

当院の患者様である水流添様が代表を務める「こもれび」スタッフさんへ向け、

運動教室第二弾が開催されました!

 

 

今回のテーマは、『感じる』です。

 

 

意外にこれ、見過ごされがちなんです。

 

 

バランスグループでは、よく人体を会社に例えて話します。

 

 

image

 

 

 

が各部署へ司令を出す社長で、身体の各パーツがそれぞれの部署に配属された社員で、

社長の指示のもと働いています。

 

 

社長と社員がしっかりコミュニケーションをとれているから会社がうまくいきますが、

そうでない場合はうまくいきにくいですよね?

 

 

人の体もこれと同じで、脳と身体がしっかりコミュニケーションをとれていると様々な機能が円滑に働き、

健康な状態でいやすいんですね。

 

 

ですが、日々の忙しさに追われたり、自分の体と向き合うという考え自体がなかったりで、

この社長と社員のコミュニケーション不足が生じている方がけっこう多いのです。

 

 

自分の体は今どういう状態なのか?

 

 

重心はどこに乗っているか?

 

 

左右差はどうか?

 

 

など、まずこの『感じる』ということがとてもとても重要なんです。

 

 

 

その感覚に長けている最たる例は、スポーツ選手ですよね。

 

 

日々自分の体と向き合い、その感覚を繰り返し繰り返し磨いているからこそ、

我々には想像できないレベルでのパフォーマンスが発揮できるんですよね。

 

 

でも、我々も同じ人間ですよね。

 

 

スポーツ選手まではいかないにしても、日々感じ繰り返していくことで、パフォーマンスは向上されるのです。

 

何歳からでもです。

 

 

ですので、今回はその『感じる』をテーマに、ストレッチポールを使ったエクササイズを行いました。

 

 

image

 

 

 

スタッフさん達も、やる前と後との違いを感じていただけたようで、

「体が軽くなった」「楽になった」などのお声をいただけたのでよかったです(^o^)

 

 

 

実際に、運動前後で身体の歪みも改善されたスタッフさんもおられました?♪

 

 

image

 

 

 

また次回の開催が楽しみですね♪

 

 

 

 

田野 ?武史

 

 

人気の記事

最新の記事

休診日のご案内

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください