改善根拠にこだわる治療院

TRY/ブログ

健康コラム 2017.06.12

年だから悪くなったわけではありません!

様々な医療機関や治療院で、「年だから仕方ない・・・」
という言葉をかけられたり、お聞きになったことがありますか??
日々、患者さんと出会うたびに、この呪文をかけられている方の多いことに驚かされます。
本当に年だから仕方ないのでしょうか?
治らないのでしょうか?
改善しないのでしょうか?

今まで、様々な痛みで苦しんで来られた患者さんとの出会いを通して言えることは、
「絶対にそんなことはない!」ということです。

確かにカラダの細胞は加齢と共に、10代の頃よりは変化します。
しかし、年のせいだけで関節が変形したり、神経が圧迫したり、歪みが出来たり、強い痛みが出るのか??

絶対に違います。

年のせいではなく、
「日常、カラダを動かさなくなったこと」が殆どの原因です。

その結果、
関節が変形するような動かし方をしていることが、
カラダが歪むような動かし方をしていることが、
強い痛みが出るような動かし方をしていることが原因です。

人のカラダはそもそも、日々、適度に動かすことによって痛みなく適切に動くように設計されています。

ですから、動かすべき筋肉や関節を動かさなければ、当然動きにくくなり、普段使い慣れた筋肉や関節ばかりを使うことになり、負担が一部分に集中して来るようになります。

その、負担が集中して来た筋肉や関節は硬くなり、血液が流れにくくなり、痛みを感じるようになります。

血液の流れが悪くなると、自分で回復させたり修復することが出来なくなって来ます。
こうした期間が長くなると、変形や歪み、強い痛みを伴うことになります。

もう一度いいます。

今のあなたの悩みを作り出したのは「年だから」ではありません!

日常の姿勢や動かし方に問題があったのですから、治療をした上で、

日常の姿勢や動かし方を身につければ、殆どのものは改善します。

是非一度、ご来院ください。

殆どのものは改善できるはずです!

人気の記事

最新の記事

休診日のご案内

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください