一覧に戻る

冷え(未病)

冷え(未病)のこのようなご症状でお困りですか?

 

  • 夏場なのに体が冷える

  • 手先や足先に常に冷えを感じる

  • 暑い日でも汗をかきにくい

  • 日頃十分水分摂取しない

 

そんな冷え(未病)は、当院で改善できます。

冷え(未病)について

いわゆる冷え性の原因として体内で熱を生成できない、熱が全身に届き切れていない、体内で熱を生成してもすぐに逃げてしまうのいずれかです。まず熱を作れないのは、基礎代謝の少なさに起因します。体の中でも最もカロリーを消費する筋肉が少ないと熱を作りにくくなります。特に極度の食事制限だけでダイエットした場合、筋肉が落ちて熱の生成能力が低下します。

熱が全身に届かない原因は、自律神経の乱れによるものです。血行が低下して、全身に熱を送り届けられなくなります。エアコンのきいた室内と室外を行ったり来たりして温度差に体がついていけなくなる、ストレスなどが原因と考えられます。

熱の逃げやすくなるのは、水分の排出がスムーズに行っていないからです。尿や汗などで体内の水分を排出していないと、余分な水分が溜まってしまいます。この水分の影響で、体が冷えやすくなります。特に夏場はこまめに水分摂取して、発汗や排尿しやすくしておくことが大事です。

また皮下脂肪の多さも熱を逃げやすくする原因の一つです。脂肪には断熱効果がありますが、脂肪の内部には血管はほとんど通っていないです。つまり熱を体内で生成しても、血液は温まりにくく前進に綱割りにくくします。このように冷え性にはいくつか原因があるので、自分の場合どれが当てはまるかを考えましょう。