一覧に戻る

ドケルバン病

ドケルバン病のこのようなご症状でお困りですか?

 

  • 親指を伸ばすと痛みがある
  • 親指と人差し指の間を広げようとすると強い痛みがある
  • 親指をほかの指で握って外側に手首を倒すと刺すような痛みがある
  • 手首のところが腫れている

  • 患部を押したときに痛みが強まる

 

そんなドケルバン病のつらい痛みは、当院で改善できます。

ドケルバン病について

ドケルバン病の原因は親指の酷使です。その結果、腱鞘という腱の通るトンネル部分が肥大化します。腱鞘の通り道が狭窄することで腱の表面を圧迫し、痛みが起こります。パソコン作業を長時間行う、スポーツをするなど指をしばしば使用する人は罹患リスクが高いといわれています。特にテニスを頻繁に行う方は、ドケルバン病にかかりやすいです。ほかには楽器演奏でも手首をよく使うパートを担当する人も罹患リスクは高いです。

 

性別で見ると女性の方が発症しやすいです。特に更年期以降や妊娠出産期の女性によく見られる症状なので、該当する人は注意が必要です。

 

手首の中でも親指側にある検証を手背第一コンパートメントといいます。手背第一コンパートメントの内部には隔壁といって、2つの腱を分けて通すための壁のようなものがあります。この隔壁の存在によってほかの化粧よりも、狭窄が起こりやすいです。

 

治療は症状によって選択肢は変わります。安静にして経過観察するだけの場合もあれば、注射や投薬もあります。重症で他の方法では改善しない場合には、手術も検討されます。