一覧に戻る

腱鞘炎

腱鞘炎のこのようなご症状でお困りですか?

 

  • 指を動かすと手首のあたりにずきずきした痛みがある

  • 指を動かすときに引っかかりがある
  • 特に朝起きたときに強い痛みが手首などで起きる

 

そんな腱鞘炎のつらい痛みは、当院で改善できます。

腱鞘炎について

骨と筋肉をつなげる腱は指をスムーズに動かすために必要な組織です。指につながっている複数の腱をまとめているのが腱鞘です。この部分で炎症を起こした状態を腱鞘炎といいます。腱鞘炎は指をよく使う人は発症リスクが高いです。具体的には長時間のパソコン作業でキーボードをよくたたく、物書き、楽器を演奏しているなど指の使用頻度の多い人は注意したほうがいいです。特に親指を頻繁に使用する人は腱鞘炎にかかりやすいといわれています。

 

腱鞘炎は朝に症状の悪化することが多いです。これは眠ることで体がむくんでしまい、腱鞘と腱がこすれやすくなるためです。その他には女性ホルモンのバランスの変化も腱鞘炎の原因といわれています。特に更年期を迎えた女性や妊産婦の方は腱鞘炎リスクが高いので注意が必要です。

 

近年長時間スマホを見ている若者が多いです。スマホは片方の親指を使って操作する傾向が見られます。ゲームやSNSに夢中で長時間継続的にスマホ操作をしていると、親指が酷使されやすくなります。その結果、スマホによる腱鞘炎患者も今後多くなるかもしれません。