一覧に戻る

変形性膝関節症

変形性膝関節症のこのようなご症状でお困りですか?

 

  • 膝を動かすと痛みがある

  • 立ち上がりや最初の数歩の痛みが強い

  • 膝に水が溜まっているといわれた

  • 以前と比較して膝の可動域が狭くなった

 

そんな変形性膝関節症のつらい痛みは、当院で改善できます。

変形性膝関節症について

膝関節には、骨の衝撃を和らげるクッションのような役割を担う軟骨があります。この軟骨がすり減ると、硬い骨同士が当たりやすくなって痛みを生じます。これが変形性膝関節症です。変形性膝関節症の原因はいくつかあって、まずは加齢です。年齢を重ねると軟骨の摩耗が進みますし、軟骨そのものが老化を起こすためです。

 

肥満体型の方も変形性膝関節症になりやすいです。立っているときにひざ関節にはその体重がかかります。過度に体重が増加すると、軟骨の摩耗や損傷を進行させる恐れがあります。変形性膝関節症対策として、ダイエットや体重コントロールは重要です。

 

変形性膝関節症と診断されると痛み止めなどの対症療法がおこなわれます。しかしいったん軟骨が損傷したり摩耗したりすると、回復させられません。変形性膝関節症の症状が進行し、ひざの曲げ伸ばしが難しくなっているのなら、手術で患部に人工関節を装着する治療がなされる場合もあります。先ほど紹介したダイエットのほかにも、足、特に大腿四頭筋を鍛えることで関節への負担を軽減するのもおすすめの予防法です。