根本治療にこだわる接骨院・鍼灸院

原因不明の不調でお悩みの方は大阪南堀江の接骨院バランス治療院へ

Q&A

Q&A 2019.09.01

歳だから仕方がない?変形性膝関節症の意外な原因と日常での予防方法。

中高年の方を中心に膝が痛むという症状を聞きます。膝の痛みは老化現象の一種だから仕方がないと思っていませんか?しかし加齢以外にも膝の痛みには原因があって、日頃気を付ければ傷みを予防できます。

ここでは膝の痛みの原因と予防法についてまとめました。

 

日常の生活習慣が関係している

中高年の膝の痛みは変形性膝関節症と呼ばれる症状によるものです。変形性膝関節症に悩んでいる患者さんを診ると、左右いずれかの膝に痛みを感じていることが多いです。もし加齢によるものであれば、左右両方に変形や痛みを感じなければなりません。それが片方だけに痛みを感じるのは、どちらをよく使い負担をかけているからだと考えられます。姿勢に偏りが見られる、立っているときに左右どちらかに体重をかけやすい傾向があれば注意が必要です。

 

特殊な関節である膝

膝は足首と股関節に挟まれた部位で、もともと不安定な環境にあります。しかも立っていても歩いていても、座るときにも常に負担がかかるところです。これが偏った姿勢などをとり続けることで骨盤のゆがみや臀部の筋力低下を招きます。すると膝関節の位置もずれてしまって、摩擦が起こりやすくなります。軟骨がこすれあうことでどんどん摩耗が進みます。このとき、膝にある潤滑液を作る細胞がもっと液を作らないといけないと誤解し、膝に水が溜まってしまいます。これが膝の痛みと腫れの原因です。

 

自分でできる変形性膝関節症予防

変形性膝関節症は日ごろ自分でも予防は可能です。まずは膝への負担を軽減するよう心がけることです。そのためにはダイエットしましょう。体重が増えれば、それだけ膝関節への負担は増大します。特に若いころ痩せていたけれども、今は肥満体のような大きな体形の変化があった人は注意が必要です。

その他には重たいものをもって歩き回る、中腰の姿勢で長時間作業するのも膝への負担が大きくなりがちです。生活習慣を見直して、ひざに負担のかかる姿勢・状況をできるだけなくしましょう

膝関節周辺の筋力強化も変形性膝関節症の予防に効果的です。特に50代以降から筋力は低下しやすいです。筋力強化のトレーニングを取り入れていくのがおすすめです。今まで運動習慣のなかった人は、ウォーキングから始めましょう。張り切っていきなりジョギングなど激しい運動をすると、逆に膝が痛みやすくなるからです。ウォーキングからスタートし、ひざに問題がないことを確認したら初めてジョギングにスイッチしましょう。

ジョギングやウォーキングをする際には、シューズにもこだわるといいでしょう。クッション性に優れた運動靴を履くことです。変形性膝関節症の原因になる軟骨には、衝撃を和らげるクッションの役割があります。軟骨が摩耗しないためにも靴で補う必要があるからです。ほかにも運動前後には膝周辺の筋肉をストレッチしてほぐす、過去膝を痛めたことのある人は運動した後でアイシングするなど膝へのケアを十分行うことも予防につながります。

 

まとめ

変形性膝関節症は軽傷であれば、上で紹介した重たい荷物を持たない、運動習慣をつけるなど日常生活から注意することで治すことも可能です。しかし放置して症状がある程度進行してしまうと、手術せざるを得なくなります。膝の痛みは年齢のせいだから仕方がないとあきらめるのではなく、できる対策を早めに講じることが大事です。

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください