根本治療にこだわる接骨院・鍼灸院

原因不明の不調でお悩みの方は大阪南堀江の接骨院バランス治療院へ

Q&A

Q&A 2019.08.01

ぎっくり腰になりかけている?!ぎっくり腰の前兆3つ。

ぎっくり腰は欧米では「魔女の一撃(witch’s shot)」というほど、強烈な腰の痛みを伴います。まったく前兆がなく、突然発症するケースもあれば、少し前から腰に異変を感じていたという体験談も見られます。

ここでは代表的なぎっくり腰の前兆を紹介しますので、もし心当たりがあれば、整体やマッサージなどの対策を講じるといいでしょう。

 

座っているときに違和感がある

ぎっくり腰になる前に予兆を感じたという人の中で多いのが、腰が普段よりも重たく感じたというものです。

に椅子に座っているときに、体の感じがいつもと違うと感じている人が多いです。椅子から立ち上がるときに、いつもよりも腰が重たく感じた、座っているときや方向転換するときに何か体の反応がいつもと違った際には注意が必要です。

 

寝返りが打ちにくい

ぎっくり腰にかかる前に、眠っているときに違和感があったという人もしばしば見られます。

ベッドで横になっているときに、寝返りを何度か打ちますが、この時にいつもよりも打ちにくく感じます。腰を回しにくい、何か重たいと感じている場合は要注意です。

このような症状がしばらく続いているのなら、ぎっくり腰リスクが高いかもしれません。

 

拾い物が取りにくくなった

何か床に物を落としたときに、腰を曲げて拾う人は多いでしょう。この時ぎっくり腰にかかる少し前から、かがみにくく感じたという人も見られます。

腰がスムーズに曲げられない、何か違和感があって拾えないという場合にも要注意です。

 

予防することは可能か?

もし上記で紹介したぎっくり腰の前兆のようなものを感じたのなら、生活習慣の見直しで予防できるかもしれません。腰の筋肉が弱いとぎっくり腰リスクが高まるので、腰の筋力を強化するため以下のことをおすすめします。

  • 寝る前にストレッチをして筋肉をほぐすことで可動域を広げる。
  • 日頃から正しい姿勢を心がけ、腰の負担を軽減させる。
  • ウォーキングを取り入れる。

そのほかには睡眠時間をしっかり確保して、体の疲労を取り除くことも有効です。特に、生活が乱れている人は、正しい生活リズムを取り戻して、腰に疲労がかからないように注意しましょう。

 

まとめ

ぎっくり腰の前兆は誰にでも起こるものではないです。ある日、突然発症するケースもある一方で、上記で紹介したように予兆を感じている人も少なからず見られます。

もし腰が何となく重い、いつもと違うと感じたら、生活習慣を見直すべきでしょう。しかし中には仕事が忙しくて、なかなか生活リズムが変えられない人もいます。その場合は、整体をはじめとした日頃からのメンテナンスで腰の筋肉をほぐし、疲労を取り除くのも一考です。

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください