根本治療にこだわる接骨院・鍼灸院

原因不明の不調でお悩みの方は大阪南堀江の接骨院バランス治療院へ

Q&A

Q&A 2019.07.18

子供の肘が抜けた時(肘内障)の応急処置法を教えてください。

 肘内障や脱臼の場合は、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

肘内障とは

肘内障とは、肘の亜脱臼のことです。6歳くらいまでの小さな子供がなりやすく、親と手をつないでいて引っ張られた拍子に肘の靭帯がずれた状態になります。動かさなければ痛みはほとんどありませんが、基本的には整復をしないと治らないので、小児外科や整形外科、整骨院や接骨院で整復をしてもらいましょう。

 

応急処置の方法は?

肘内障になると、肘の関節を動かせなくなるため、腕がダランとなります。無理に動かしたりしなければ痛みもありません。

きちんと知識を持った人が整復をすれば、簡単に治すことができるのですが、脱臼同様知識がない状態で治そうとするのは危険です。動かさない状態のまま医療機関に行き、治してもらうのがよいでしょう。

肘内障の場合は、脱臼や骨折のように動かさなくても痛みを感じたりすることはほとんどないので、動かさなければ子ども痛みを訴えたり泣いたりせず、落ち着いて受診できることが多いです。

腫れをたり、熱をもったりすることもほとんどないので、冷やしたりすることもありません。無理に応急処置をしようとせずに、そのままの状態で受診すれば大丈夫です。腫れがあったり、常に痛みがあるようであれば冷やしてもかまいませんが、その場合は肘内障ではない可能性も高いので、いずれにしても早めに受診することをおすすめします。

 

何度も繰り返す場合は

気をつけていても、肘内障をおこしやすい子もいますので、何度も亜脱臼を繰り返す場合もあります。もちろんその都度医療機関で整復してもらえばよいのですが、何度も起こすようなら、医療機関で治し方を教えてもらえるか相談してみるとよいでしょう。治し方がわかっていれば、それほど難しいものではありませんので、自分で治せる場合もあります。

医師など専門家に治し方を習って、自分で治せるという場合でも、処置を行ってもうまくいかない場合は、無理をせず医療機関で治してもらうようにしましょう。

 

まとめ

肘内障の場合は、応急処置は特に必要ありませんが、動かさないようにしてすぐに医療機関を受診します。肘内障であれば、動かさないようにすれば痛みはそれほどありませんから、そのまま整復してもらうのがよいでしょう。

専門知識や技術がない場合は、自分で亜脱臼を治そうとするのは禁物です。何度も繰り返すので自分で治せるようにしたい、という場合は、その旨医師や専門家に相談することをおすすめします。

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください