根本治療にこだわる接骨院・鍼灸院

原因不明の不調でお悩みの方は大阪南堀江の接骨院バランス治療院へ

Q&A

Q&A 2019.07.18

子供が野球肘と言われました。普段の生活で気をつけるべきことには何がありますか?

重いものを持ったり、ひねる動きをするなど、肘に負担のかかる動作は控えたほうがよいでしょう。

野球肘とは

野球肘とは、野球をしている子どもに多く見られる症状で、ボールを投げるときにかかる肘への負担が重なり、肘の関節を故障することです。

成長期の子どもは、関節の軟骨部分が徐々に骨に成長していくのですが、その成長中の弱い部位に負担をかけることによって、骨が剥がれたり欠けたりするのです。

また、野球肘は野球をすることによる肘の故障の総称でもあるので、負担をかけることによる筋肉や腱の損傷のことを差す場合もあります。多くの場合、半年から1年程度投げる動作をせずに安静にすることで改善しますが、症状によっては手術が必要な場合もあります。

 

普段の生活で気を付けること

野球肘の原因は、ボールを投げる動作を正しく行わず、それを繰り返すことで肘に負担がかかることです。症状を軽減させるためには、ボールを投げる動作を行わずに安静にする必要がありますが、ボールを投げなくても肘に負担がかかっては症状は改善しません。

重いものを持ったり、雑巾を力いっぱい絞るようなねじれた力を肘に加えるのはよくないので、普段の生活でも避けるようにしたほうがよいでしょう。できる限り肘や腕へ負担をかけずに生活する習慣を身につけることをおすすめします。

 

痛みを感じたら受診を

野球肘は、投げることを控えて、日常生活でも肘に負担をかけないように心がけながら過ごすことで徐々に改善することもありますが、状態によっては手術をしないと治らない場合もあります。いずれにしても、きちんと診察を受けて、適切な処置を行うことが、早期復帰には欠かせません。

最近では、手術後も野球を続け、高い成果を出している選手も増えているので、「投げられなくなるかも」と思って痛みを隠すのではなく、早めに診断を受けるようにしましょう。

 

まとめ

野球肘は、野球などでボールを投げる動作により肘やその周辺の骨や筋肉、腱などを損傷して投げるときに痛みを感じるようになるものです。病院での治療も必要ですが、日常生活でも重いものを持たないなど、肘への負担をかけないような配慮が必要ですので、注意しましょう。

安静にして自然に治す場合でも、半年から1年ほどかかることが多いですし、状態によっては手術が必要になることもあります。

手術せざるを得ないまで行く前に、違和感や痛みを感じたらすぐに受診し、的確なケアを行いましょう。

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください