改善根拠にこだわる治療院

PAIN/ブログ

症例報告・治療例 2018.10.26

重度の肩こりと頭痛で悩んでおられた看護師さんの症例報告


【状態】

学生の頃は大学までバスケットボールに打ち込んでおり、肩こりなどは感じたこともなかった。

就職後、5年前より肩こりを感じるようになり、次第に強い頭痛にも悩まされるようになった。

ロキソニンを飲めばしばらくマシになるが、すぐに効かなくなる状態が続いており、

毎日ストレッチをするなどして努力しているにも関わらず、年々ひどくなってきている。


【原因特定・診たて】

詳細に問診、検査をさせていただいた結果、

「首・肩・背中」を支えている筋肉が収縮して固まってしまい、回復できなくなっていることが、ひどい肩こりと頭痛を長引かせていると判断しました。

 

この方は病院勤務されていることもあり、すでに医師の診察を受けており、重篤な疾患の可能性はなく、関節に異常がみられないことが確認できていたので、スムーズに診たてを立てることができました。

もともと柔軟性はあり、可動域も広いため、ストレッチをしても筋肉がほぐれにくい性質をお持ちで、努力の割に改善が見られない状況が続いておられたようです。


【治療方策】

初回は患者さんの体質や反応を知るためにも、オーソドックスに硬く固まった筋肉に対して詳細にトリガーポイントマッサージを施し、特にポイントとなる部位には鍼治療をさせていただきました。

 

通常、これくらい長年ひどい状態の方にピンポイントを見つけ出して鍼施術をさせていただくとかなり強く響くのですが、

この方は初めての鍼治療にもかかわらず、「とても気持ちよく感じます」とおっしゃり、こちらが驚きました。

 

2回目以降は施術と平行して、自宅でできるストレッチと体幹トレーニングを指導させていただき、姿勢改善・習慣改善を進めていただきました。


【得られた結果】

鍼治療が体質に合っていたのでしょう。

初回の施術後から、ひどいコリ感も頭痛も激減し、驚いておられました。

 

お忙しい方なので、治療のスケジュールとしてはなかなか詰めて行うことは難しかったのですが、3週間に1度、3回の施術でひどい肩こりと頭痛はほぼ改善されました。

 

仕事のスケジュールや内容によっては辛さや痛みが出そうになることもあるため、今後は月に1度のペースでしばらく経過観察と指導をさせていただく予定です。


【所感】

人には非常に強い回復力・治癒能力が備わっていますが、数ヶ月、数年にわたって慢性化した痛みや辛さについては、悲しいですが勝手に治ることは殆どありません。

 

もう一度、ご自身の身体が「そこが問題だったんだ!」と再認識してくれないことには、せっかくの治癒能力も宝の持ち腐れになってしまいます。

 

問題を解決するには、その前に「問題を認識」しないことには、解決しよう、改善させようとはしてくれません。

 

「認識」 「気づき」

 

があってはじめて私たちの治癒能力は活きるのです。

私どもの提供しているトリガーポイントマッサージやトリガーポイント鍼治療は、まさに身体に「認識」・「気づき」を与えて、ご自身の治癒能力を引き出すことを目的としています。

 

皆さんに備わった治癒能力を信じて、「適切なきっかけ」を作ることができれば、多くの痛みや問題は解決できます。

 

今回の患者さんは当にそのことを証明されていると感じたお一人でした。

 

 

 

人気の記事

最新の記事

休診日のご案内

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください