当院は独自の3つのステップで
改善へと導きます。

複雑にからまりあった各機能の低下を見つけ出し、根本解決が必要なのか、ひとまず痛みを改善するのか、適切なゴールに進みます。

 

診察学に基づき、視診・触診・打診・聴診を行い、問題箇所を特定していきます。

問題個所によってアプローチの仕方を変え、5種類の治療方針を組み合わせて治療します。

「原因特定・診たて」を適切に行い、問題箇所に見合った治療を行うことでより良い結果が得られます。

 

 


ステップ1
原因特定・診立て

 

一般的に診察をせずに施術する治療院はないと思います。しかし、「診察・原因特定・診たて」が雑であったり、未熟であったりする治療院が少なくありません。本来であれば診察学に基づいて行うべきであり、一部ご紹介すると次のとおりです。

 

診察の技法の中には面接による診察(問診)があり、通常は診察の最初に行います。
その項目として、主訴・現病歴・既往歴・薬剤歴・家族歴・生活歴・職業歴・動物飼育歴などを聴取して原因を特定して行きます。

 

問診の他に、施術者が五感を用いてお客様の異常を調べることを身体所見といいますが、次のように分類されます。

 

視診

目で見て異常がないか調べます。歩き方、表情、体格、皮膚の色つや、腫れ、変形などの観察によって診察します。

触診

手で触って異常がないか調べます。手触り、温度、硬さ、弾力、腫瘤の有無、圧痛の有無など様々な所見がとれます。

打診

治療院で行う打診としては打鍵器で腱反射の確認を行うことが多いです。

聴診

治療院において聴診器を使用して診察することはあまりありませんが、関節の異常の有無などは音を聴いて異常がないか調べることがあります。

 

診察は指と耳と目などの五感を使った行為だけではなく、体温計・血圧計・打鍵器・音叉などの診断機器を使用することもあります。

 

更に画像による原因特定が必要な場合は、専門医との連携を図って診察していただいております。

最終的には問診・身体所見・診断機器・時には専門医から得られる情報を体系的に分類し、問題箇所を特定して行きます。

 


ステップ2
5つの治療方策

 

「原因特定・診たて」によって見つかった問題箇所によって、治療方針と施術の方策が変わってきます。当然のことながら原因によって治療の方向性は変わって来るわけです。

 

ということは、状況を確認することもなく治療の前にいきなり温浴をしたり、 電気治療をするといったアプローチをする治療院は疑わしい時もあります。

 

当院ではそのようなことは行わず、問題箇所によってアプローチの仕方を変えて、大きく5種類の治療方策を組み合わせて治療を開始します。この中身については初診の際に説明をして、ご納得の上で治療をスタートしますので、ご安心下さい。

1種類目 トリガーポイントマッサージ

多くの痛みや痺れ、姿勢異常が実は筋肉に原因を持っている事が少なくありません。

 

あらゆる医療機関にかかっても治らずにお困りの方や、痛みが変わらずお悩みの方を診させていただくと筋肉に「トリガーポイント」という痛みの原因や動かなくなる部分が存在している事が散見されます。

 

当院ではこの「トリガーポイント」を精密に触察し、適切に刺激する事で痛みを中心とした諸症状を早期改善します。

2種類目 トリガーポイント鍼療法

上記トリガーポイントに刺激を加えて治療を進めていく際に、マッサージだけでは変化のない症例や、ポイントが細かく手では刺激出来ない症例においては、鍼治療が有効です。

 

人にはそもそも自然治癒力が備わっており、日々小さな問題は自分で解決し治しています。しかしながら、免疫がうまく働かなくなっていたり、治すべき部位を体が認知出来なくなっていると自分の力では治せなくなり痛みや痺れ、変形にまで進む事もあります。

 

問題となっている部分をピンポイントで発見し、鍼によって刺激する事が出来れば、免疫機能は再び力を取り戻し関節・神経・筋肉などのあらゆる問題を解決してくれます。

3種類目 超音波治療

超音波は「音」と同じ振動で、1秒間に100万回以上の「波」を発生させて、我々の手では届かない深部の環境改善・血流改善をすることで治療効果を生み出す優れものです。

 

トップアスリートの治療にも使用されていますし、多くの医療機関においても採用されています。しかし、効果的に使用出来ていない機関も多く存在しているのが現実のようです。

 

器具としては非常に優れているのですが、「使い方」と「診断」の技術が伴わなければ宝の持ち腐れです。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断され、お困りの方々においても繰り返し治療していく事で目に見えて改善される事が少なくありません。

4種類目 骨盤調整

人の体は200もの骨格が絶妙なバランスで組み合わさって支柱をなし、筋肉がこの不安定な構造をした体を重力に逆らって支えることで、立ち、歩き、様々な日常生活を可能にしています。

 

その中でも骨盤から脊柱と呼ばれる背骨の関節は体の根幹で、ほんの小さな「ズレ」や「歪み」であっても非常に強い「痛み」「可動域制限」「痺れ」を作り出します。

 

放置しておくとある一定の部分に負担がかかり続けることになり、必ず進行しますので、症状改善の為には精密な調整が必要です。

5種類目 運動療法

我々は上記の方法をお客様の状況や病態に応じて組み合わせながら多くの整形外科領域の問題や痛みを解決してきました。殆どの痛みや問題は解決できると思います。

 

ただし。なぜ、その痛みや問題が出てきたのでしょうか?原因は何だったのでしょうか?

 

人はそれぞれ自分特有の姿勢や習慣を持っています。これらの習慣は長年の生活環境や仕事、スポーツなどを通して自分で作り上げて来たものですが、その中で得意な筋肉や神経は良く使うけれど、使いにくい筋肉や神経は使わなくなっていくケースが多くなります。

 

そうなると骨格はよく使う筋肉の方へと引っ張られることとなり、徐々にズレや歪みが生じます。そうすると関節に負担が集中する部分が出現し、炎症や変形が現れます。一方、良く使う筋肉は硬く疲れやすい筋肉となり、回復できずに筋力低下や痛みを伴い新たな負の習慣を形成します。

 

このように日常の姿勢や体の動かし方の習慣によって、痛みや変形、炎症、筋力低下、歪みが出来上がって行くのです。原因は日常の動かし方の中にあるわけですから、正しい身体が求める動かし方を身につければ再発は防げます。

 

運動療法を通して、本来の自然な立ち方や座り方、身体の動かし方を身につけていただくことで体の諸問題を根本解決し、痛みなく楽に動かせるようになります。同時に、今までにも増して元気で美しく、しなやかで強い自分へと進化していくでしょう。

 


ステップ3
得られる結果

 

「原因特定・診たて」を適切に行い、見つかった問題箇所に見合った治療を行うと次のような結果が得られます。
※ 数多く見られる実際の症例からご紹介します。

 

  • ひどい腰の痛みで下着や靴下を履くことさえ、何分もかけて汗をかきながらやっとの思いでしていたのに、スムーズに痛みを感じることなく当然のようにできる。
  • 腰の痛みと足の痺れが苦痛で駐車場からたった5分のところまで歩くことさえ躊躇していたのに、今では毎日30分のウォーキングが気持ちよくできる。
  • 朝食を食べている間でさえ、腰やおしりが痛くてウロウロ立ち上がらなければならなかったのに、今では家族と談笑しながら食事を楽しく味わえる。
  • 朝起きるといつも首・肩・背中が固まっており、洗顔したり、うつむくことも苦痛で朝食をとる間中、不愉快な思いをしていたのが、今では痛みや不愉快感を忘れてしまって思い出せないくらいになっている。
  • パソコンやスマートフォンを使用していると、肩から腕にかけて何とも言えない痛みとだるさと痺れが入り交じった不愉快な辛さがあり、全く仕事に集中できずに困るばかりか、横になっても腕の痛みがおさまらず睡眠不足が続き精神的にまいってしまっていたのが、何ら不愉快感を感じることなく仕事に集中できて、夜もぐっすり眠れるという、当たり前の喜びを感じている。
  • ひどいコリ感に長年悩まされて、常に疲労感と倦怠感、全身のだるさ、呼吸のしにくさが続いており、朝、目覚めた瞬間から身体が辛く、今日も頑張ろうとは到底思えなかったのに、朝から快調に目覚めて、気持ちのよい一日を送ることができ、周囲からは明るくなったねと言われる。
  • 膝の痛みと変形で階段の上り下りや、平地を歩くことさえ躊躇していたのに、ウォーキングや階段の上り下りはもちろん、毎週、痛みなくゴルフコースをラウンドしている。

 

お喜びの声をもっとみる