バランス治療院|大阪堀江(南堀江)|痛みの核にこだわる治療院

お喜びの声

お喜びの声 2017.07.10

変形性股関節症からの脚長差が、縮みました。

両側の先天性臼蓋形成不全と診断されてから十数年経って、歩きにくさを感じるようになり、左右の脚長差が原因であることがわかりました。変形性股関節症でした。悩んでいたところに、バランス整骨院を友人に紹介され、鍼と超音波治療に運動療法の指導を受けるようになり、優に3センチはあると言われた脚長差が、2週間程度で1センチ以上縮んだことにまずは驚きました。

硬く縮んでいた筋肉と緩めていただいた結果でした。

脚長差は解消されていないので、靴の中敷きで補高してはいますが、当初ついていた杖も、とりあえず今は使っていません。だいぶ痩せてしまった左の臀部と脚の筋肉をつけるための運動を家で続けています。

昔のように早足で長時間歩くことや、小走りで横断歩道を渡ることはできませんが、「筋肉は使わないと怠ける」「前向きな人ほど免疫力が上がる」という院長の言葉を常に思い出し、今後も気長に頑張って行こうと思います。

匿名(58)女性 大阪市 自営業

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 お問合わせ