バランス治療院|大阪堀江(南堀江)|痛みの核にこだわる治療院

PAIN/ブログ

怪我・痛み 2018.02.20

【症例報告】50代女性/事務職/首〜腕のひどい痛み/頚椎の歪み由来

これまで学んできたことや、経験してきたことをあらためて見つめ直して、原点回帰している院長の岡井です。

骨格の歪みに由来する、ひどい腕の痛み症状の改善症例の報告をさせていただきます。

【状態】

50代女性。事務職。

業務上はパソコンを使用することが多い。

 

10日前に突然、左腕に強い痛みとしびれを感じ、仕事に集中することはおろか、日常生活を送ることも辛く気がおかしくなって来るほど。

日が経つにつれ、首から背中まで鈍痛が拡がって来ている。

PCの入力作業が最も辛く、痛みで打てなくなる。

左腕に力が入らなくなって来ているため、うつ伏せの状態で手をついて起き上がることが困難。自転車に乗ることも不安定で怖い。

普段診てもらっている鍼灸師の先生が、これは重篤な状態と判断されて紹介でお見えになった。

*2年前より手足に痺れがあり、整形外科にてMRI検査を受けた上で、頚髄症の診断が出ている。整形外科では手術するかは本人の選択に任されている状態。

 

 

【施術対応】

2年前の診断と上腕に力が入らない状況から考えると頚椎で神経圧迫している可能性は否定できませんでした。

ヘルニアによるものか、骨格の歪みによる神経圧迫もしくは筋肉のトリガーポイントに由来するものかを判別するためにも治療させていただくことにしました。

 

※トリガーポイントについてはこちらをご参照下さい。

 

厳しい仕事の環境とご両親の看病や介護により 首〜背中までガチガチにこわばって筋肉が固まって栄養障害を起こしていると判断して、鍼・超音波にて施術し血流を改善させていただきました。

一回の治療で痛みの強さが3割程度まで改善したので、骨格の歪みによる神経圧迫も含まれていると判断して治療を継続しました。

周囲の筋肉をゆるめた上で、鍼では 難しい場所にある根本のポイントにピンポイントに当て響かせたところ3回の治療で痛みはほぼ取れました。

 

本来であれば、ここから原因である姿勢の指導に入るのですが、肘を伸ばす際に使う上腕三頭筋という筋肉に力が入らない状況は改善されずに残っているため、脊柱管や椎間板にも問題を起こしている可能性が高いと考えて、信頼できる整形外科をご紹介し、再度MRI検査含め受診していただきました。

画像を撮ったところ、頚椎の脊柱管が著しく狭くなっていることが判明。

今後どのように進めていくか?

ご両親の健康状態を考えつつ、経過を観察しながら、協力してベストの選択肢を探して進めていく予定です。

 

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 お問合わせ