バランス治療院|大阪堀江(南堀江)|改善根拠にこだわる治療院

PAIN/ブログ

症例報告・治療例 2018.05.28

【症例報告】40代男性/経営者/腰痛改善

副院長の田野です。

腰〜殿部痛の改善症例の報告をさせていただきます。

 

【状態】

立ち上がりやしゃがみ込み動作、身体を前に倒す動作、後ろに反らす動作の際に腰〜おしりに痛みが走り、日常生活を送ることも辛くご来院。

ジムにてデッドリフトという殿部を鍛える筋力トレーニングをした際に違和感を感じ、その数時間後から痛みが出てきた。

 

⬆️デッドリフト

 

 

【施術対応】

仙腸関節という骨盤の関節に歪みが出ていたため調整させていただきました。

その上で腰殿部のトリガーポイントに鍼治療とマッサージにて施術を行い、日常生活動作ができる程度に改善。

※トリガーポイントについてはこちらをご覧ください。

 

そもそもこちらの患者様は筋肉の付き方に特徴があり、脊柱起立筋という体幹の背面にある筋肉がかなり発達しておられました。

 

見方を変えれば、負担がそこに集中してしまっている証拠とも言えます。

 

このような症例を根本的に解決するには、身体の使い方を変える必要があるケースが多いのですが、トレーニングスタジオにて動きをチェックしてみたところ、やはり腹筋群の弱さとバランスの悪さ、偏りが顕著に見受けられました。

 

その後、腹筋群の強化とバランス改善を目的にストレッチ・体幹トレーニングの指導を行うと共に、ジムでされているデッドリフト・スクワットのフォーム修正も指導させていただいたところ、徐々に回復していき、計10回のセッションで完治されました。

 

現在では痛みを全く感じることなくガンガントレーニングに励まれております(^^)

人気の記事

最新の記事

休診日のご案内

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 クリックで電話がかかります お問合わせはこちらからご記入ください