バランス治療院|大阪堀江(南堀江)|痛みの核にこだわる治療院

お知らせ/ブログ

お知らせ 2018.01.13

新年のごあいさつ

新年、明けましておめでとうおめでとうございます。

 

年始より予約で手一杯となり新年のご挨拶が遅れてしまい申し訳ありません💦

年末に珍しく高熱で倒れてしまった院長の岡井です。

 

これまで、自分の考えや大切に思っていることを発信しようと思いつつ、日々の忙しさを理由に手付かずになっていましたが、今年は健康のこと、幸せのこと、未来のこと、などについて自分が感じていることを綴っていこうと思っております。

 

前述のように恥ずかしながら年末にこれまで経験のない高熱で倒れてしまいました。

昨年の後半は、まるで自分は不死身であるかのように、休日関係なくめまぐるしい毎日を送っていました。

今から振り返ると殺人的スケジュールだったのですが、その時は「今日、全力を尽くす」ことに意識が集中し過ぎて先のことを考える余裕がなかったようです💦

 

その結果、年末には20年ぶりに朝から夜まで一日中ひたすら寝る、という時間を過ごさせていただきました。誰の役に立つでもなく、新しい何かを生み出すでもなく、ただただ寝る。こんな時間を過ごすのはほんと久しぶりでした(^^;;

 

珍し過ぎてちょっとした罪悪感を感じながら、布団の中で、普段はなかなかまとまらない考えがいつの間にかまとまったり、自然と大切な気づきが芽生える体験をしました。

 

「ひょっとしてこの時間を作り出すために神様が用意してくれたご褒美なのでは⁉︎」

 

悩んでいても、ついついポジティブに考えてしまう僕はいつの間にか、今回倒れたことも前向きに捉えてしまっているのでした(^^;;

 

患者さんには、普段から休養の大切さについて口を酸っぱくしてお話している自分がこれではいけないと、反省の年末年始を過ごしました。

 

例年は年末年始に「食っちゃ寝」の生活をして2キロほど体重が増え、1月中に元に戻すのが定番だったのですが、今回は過ごし方を変えて修正しました。

 

これまでの正月は、滋賀の実家で朝から夜まで食べ続け、飲み続けの生活だったのですが、今回は朝・昼・晩のメリハリをつけて食事を摂り、睡眠時間も規則正しく過ごしたことで、休み中に1キロ減らして新年をスタートすることに成功!

 

「休みの間に体調を回復させ、身につき始めていた悪習慣を改善する」

 

これが休み中の私の課題でしたので、患者さんにいつも指導させていただいていることを忠実に実行しました。

 

良くも悪くも「現状」を作り出すには理由があります。「現状」を変えたいなら「現状」を作り出している考え方、習慣を変える必要があります。

 

今回の私であれば「週末の度に高熱で倒れてしまう」という現状を作り出した考え方と習慣は何か?について考え、対策を練り、やってみて、これで本当に良いのか?確認し、修正してはまたやってみたわけです。

 

例えば、「そもそも体調を崩した理由は毎日夜遅く帰って来るくせに、しっかり食べてバッチリ晩酌もして胃腸に負担をかけた上に、睡眠時間が短く、週末も動き続けて休養をとらない生活スタイルのせいではないか?」

 

と、仮説を立てたら「今後、夕食は腹八分にし、晩酌もビールなら二本までとして6時間半は睡眠を取り、すっきりとした目覚めを指標とする生活にする。休みの日は基本的に仕事を入れずに分刻みのスケジュールをやめて、月に2回は映画鑑賞や読書など好きなことをする自由な時間を作ってストレスを発散する」という計画を立てて実行してみるわけです。

 

期間を決めてやってみてもうまく行かなければ、「どうもそういう問題だけではなかったみたいだ。そもそも運動量が少なく筋力や免疫力が衰えているのかもしれない。車通勤をやめて毎日3キロは歩こう」

と、修正を加えて新しい計画を立てて実行してみて、また検証する。

こうしてトライ&エラーを繰り返しながら問題解決や目標達成をしていくわけです。

 

よく言われる「PDCAサイクル」というやつですね!

*plan、do、check、actionの頭文字

 

 

なかなか治らない腰痛にしろ、

スポーツの成績が伸びないにしろ、

勉強や仕事の成績が伸びないにしろ、

人間関係が改善しないという課題にしろ、

 

必ず現状を作り出している「考え方」と「習慣」があります。

 

「理想と現状のギャップを作り出している考え方や習慣が何なのか?」

 

それさえ、わかれば半分以上解決したようなものです!!

これを「問題発見」と言うそうです。

 

ただ、この「問題発見」がなかなか難しい。。。

色んな分野がありますが、本当の問題を発見できる方や、見つかるまで諦めない方をプロと呼ぶのではないかと僕は思います。

 

医療の世界においても、

スポーツの世界においても、

ビジネスの世界においても、

 

「こうなりたい!」という理想の姿と

「現状」のギャップ。

 

これを作り出している考え方と習慣を明らかにできれば後はやるだけです!

*やるだけと言うものの、問題発見ができたら次に問題解決に向けて根気よくPDCAに取り組む必要があります

 

幸運にも僕たちは、こうした各業界のプロの方々と日々過ごさせていただく中で、

 

「問題発見」や「問題解決」の重要性を認識し、その視点を身につける機会に恵まれました。

ただし、どんな技術もこれで完成ということはありません。

お一人お一人、一日一生の思いで心を込めて治療、指導にあたらせていただき、進歩成長できるように精進してまいります。

ただし、今年は適度な休養含め、自分が健康でい続けることにあらためて留意しながら過ごす一年としてまいります(笑)ので、よろしくお願い致します!

 

お問い合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 06-6578-1212 お問合わせ